学芸大学駅で予防歯科なら もんでん歯科クリニック

 

 
もんでん歯科クリニック

 

  

電話番号電話番号
 
 
 
予防歯科|診療のご案内

   
 
 
 
  
  

  予防歯科

 

 
 

むし歯予防 歯周病予防とは?

 
 
 歯の表面には、日々プラークという細菌でできた被膜が作られて行きます。
このプラークを毎日取り除くことが、むし歯や歯周病予防の第一歩となります。
 
やり方として、ひとつ目は、ご家庭でご自身によりされるブラッシングやフロスがあります。
ご家庭でのブラッシングやフロスだけで、もしもプラークがすべて取り除く事ができれば問題ありませんが、
100%取り除ける方はまずいらっしゃいません。
 
そこで、ご家庭でのケアとあわせて歯科医院でのクリーニングが必要となります。
歯科医院で行う専門的なクリーニングの事をプロフェッショナルクリーニングと呼びます。
このプロッフェッショナルクリーニングでは、ご家庭で日々されているブラッシングやフロス
では取り残してしまったプラークを、歯科衛生士がチェックし、専用の器具で取り除いていきます。
また、日々のブラッシングのくせや、取り残しやすい箇所などをチェックし、毎日のケアがより効率的に行えるようにご指導いたします。
 
日々のブラッシングやフロスで取り残されてしまったプラークは、蓄積され、3ヶ月もたつと様々な悪影響をおよぼすことがわかっています。
 
この取り残されてしまったプラークを定期的に歯科医院でクリーニングしていくことがむし歯や歯周病予防の次の一歩となります。
 
ご家庭でのブラッシングやフロス、それに加えて歯科医院での定期的なプロッフェッショナルクリーニングを生活の一部に取り入れ、
いつまでも美味しい食事が味わえるように、お口の健康管理をしていきましょう。
 
歯科では様々な処置や治療方法がありますが、どのような治療を選ばれたとしても、
お口の環境をプラークのない、良い状態に保たなければ治療の効果は半減しますし、
その後のつめもやかぶせ物の持ちにも影響します。
 
お口の環境をプラークのない、良い状態に保つ事は、お口の健康を維持するためにはかかせない大切な基本となります。
 
これから、歯科治療が必要な方もそうでない方も、お口の健康を維持するために
『予防歯科』をはじめていきましょう。
 
 

あなたは『むし歯』になってから
歯医者に行きますか?

 
 
日本では80歳でのこっている歯の数が10本などどいわれています。
これは人生の後半になって、多くのかたが入れ歯に頼っていることを表しています。
 
 
 
しかし、そうではない国があります。
 
どうしてこんなにも違いがあるのでしょうか?
この国による違いはどこからうまれてくるのでしょうか?
 
ひとつには、歯科医へのかかりかた、予防をいかに行ったかにあると言われています。
 
日本では、定期的に歯科医院でクリーニングを行っている人はたった2%にすぎないというデータがあります。
 
みなさまには『痛くなったら歯医者に行く』という通い方を、歯科医院には『痛くならないように、歯を残すために』通う場所へと変えて頂きたいと思います。
 
多くの方が入れ歯にたよらないで、人生の最後まで、ご自身の歯でおいしく食事ができるように
むし歯予防、歯周病予防のために歯科へかかることをおすすめ致します。
 
 

 予防歯科のすすめかた

 
 
まず、現在の状況を知ることが最初です。
 
『昔からむし歯ができやすいとおもっている。』
『ここ最近はむし歯もなくて歯医者に行ってないな。』
 
お口の健康に関しての感覚は人それぞれだと思います。
ご自身のお口の感覚と実際の健康状態は違うことも多くあります。
 
歯科で各種検査を行う事によって、科学的に分析していきます。
検査をすることによって、はじめて診察だけでは分かりにくい事や、むし歯や歯周病のリスクが分かってきます。
  
そして、検査結果により、過去の状況から現在の状況
さらに未来のリスク予測を考え、むし歯、歯周病予防の計画を立てていきます。
 
ぜひ、歯科へ予防歯科のために受診されることをおすすめいたします。
 
 
 

FEATURES  OF  MONDEN DENTAL CLINIC

クリニックの特徴
 

お口の健康管理のご提案

すべての方にこれからの
お口の健康管理について
のご案内をしています。
 
 

マイクロスコープによる治療

ほとんどの治療をマイクロスコープ
(手術用顕微鏡)を用い、
拡大視野で行っています。
 
 

丁寧な診療とわかりやすい説明

お口の中は暗いため、
見えにくい所も多いです。
日頃からていねいな診療と
わかりやすく説明することを心がけています。