学芸大学駅でむし歯治療するなら もんでん歯科クリニック

 

 
もんでん歯科クリニック

 

  

電話番号電話番号
 
 
 
むし歯治療|診療のご案内

 
 
 
  
 
  

  当院のむし歯治療について

 
むし歯治療について

 
 
むし歯はお口の中にいる細菌の影響で、歯そのものが破壊されていく病気です。
 
むし歯になるとむし歯になった部分を取り除き、代わりの材料で補うという修復治療が必要となります。
 
ところが、『なぜむし歯になってしまったのか?』その理由を考えないと、
残念な事にせっかく治療した歯も再びむし歯になってしまいます。
 
つまり、その原因について考えることが先決です。
 
なぜなら、繰り返しになりますが、むし歯治療とは、むし歯になってしまった部分をけずり、他の人工材料で置き換える治療のことです。
 
一度でもむし歯治療を受けた歯は、もとの健康な状態に100%戻るわけではありません。
つめた人工材料と健康な歯との間にはかならず境目が存在します。そこが次のむし歯のリスク部位となってしまいます。
 
むし歯になってしまった原因を考え、その原因を直さないと、対処療法で終わってしまいます。
結果、今後もむし歯治療を繰り返す事になります。
  
歯というものは何度も治療できるわけではありません。
治療をすればするほど、健康な歯質はどんどんなくなっていきます。
 
繰り返しのむし歯治療は確実に『歯の寿命』を縮めます。
 
治療の繰り返しをさけるために、原因を探り、その対策を立てていきましょう。
 
*当院では治療に入る前に、むし歯のリスクについて検査される事をおすすめします。
 
 

 むし歯治療の実際

 
 
当院ではマイクロスコープを用い、拡大視野下で治療をすすめていきます。
マイクロスコープを用いる事により、健康な歯質を十分残しながら、むし歯になった部分のみを最小限の範囲で取り除いていくことができます。
 

いわゆる大人のむし歯(つめものの下のむし歯)です。
  みたところ問題はないようですが、水はしみて痛みのある状態です。
 

 

健康な歯質をけずらないように、金属のみを慎重に外していきます。
はずしてみると中はこんな状態でした。金属とのスキマからむし歯が中にひろがっていました。
特に歯ぐきがわのスキマからのむし歯が大きくなっていました。
 

 

むし歯になってしまった歯質のみを慎重に取り除きます。
このようにマイクロスコープを用いると、健康な歯質を可能な限り温存できるので、歯にとっては最小限の治療ですみます。
 

 

  このあと、痛みやしみがなくなったかどうか確認するために、一度仮の材料でふさぎます。
  問題がなければ、歯型をとり、精度の高い材料で置き換えて治療は終了となります。
   

 

    これからのメンテナンスが重要です!
    置き換えられた材料と健康な歯には境目が必ずできてしまいます。
    この境目が次のむし歯リスクの場所です。
    せっかく治療をした歯がまたむし歯にならないように、
    しっかりとクリーニングを行い、
    プラークがつかないような清潔な状態を保ちましょう。
 
 

進行してしまったむし歯

 
 
むし歯治療も、症状が軽いうちは上に書いたように、むし歯を取り除いて、かわりの材料で置きかえる事ができます。
ですが、あまりにも深くまで進行してしまった場合は歯の神経、もしくは神経治療をした場所との関係上、さらに複雑な処置(根管治療)が必要となります。
 
どこまでが通常のむし歯処置で、どこからが根管治療が必要か、線引きは難しいのですが、
一般にむし歯が進行すればするほど、(例えば、ひどい痛みがある場合などは、むし歯が神経まで及んでいる事が多いです。)
根管治療が必要になってくるケースは増えていきます。
 
精密根管治療について
 
 

むし歯治療の材料について

 
 
むし歯治療とは、むし歯になった部分を取り除き、そのスペースをかわりの人工材料で補う治療の事です。
治療につかう人工材料には、できるだけ健康な歯質にちかい性質をもったものが適しています。
しかし、これだけ医療技術が進んできた現在でも、天然歯と完全に同じ性質をもった材料は出現していません。
できるだけ精度が高く、またプラークがつきにくい、2次カリエスを予防できる材料を選ばれるといいと思います。
 
その結果、やりかえが少なくなることは、歯をけずる事が少なくなり、歯を守る事につながっていきます。
 
当院ではセラミックスやゴールドといった材料的に優れたものを状況によりおすすめしています。
 
 
 
 

 

 

 

FEATURES  OF  MONDEN DENTAL CLINIC

クリニックの特徴
 

お口の健康管理のご提案

すべての方にこれからの
お口の健康管理について
のご案内をしています。
 
 

マイクロスコープによる治療

ほとんどの治療をマイクロスコープ
(手術用顕微鏡)を用い、
拡大視野で行っています。
 
 

丁寧な診療とわかりやすい説明

お口の中は暗いため、
見えにくい所も多いです。
日頃からていねいな診療と
わかりやすく説明することを心がけています。
 

HOME | 診療案内 | むし歯治療