学芸大学駅で歯周組織再生治療するなら もんでん歯科クリニック

 

 
もんでん歯科クリニック

 

  

電話番号電話番号
 
 
 
歯周組織再生治療|診療案内

 
  
 
  

  歯周組織再生治療

 

 
 

歯周病治療と歯周組織再生治療 

 
 
歯周病は歯周組織を破壊します。歯周組織が破壊されると結合組織性付着が失われます。そこには上皮のダウングロースによる深いポケット(歯と歯ぐきの溝)が形成されます。

理想的な歯周組織の再生は、接合上皮付着が最小限必要であることに加えて、コラーゲン繊維が封入された新生セメント質の形成による新付着と、これに伴う新生骨を獲得することです。
この歯周組織の再生を可能にするために、今まで様々な研究がなされてきました。そのひとつとして失われた歯周組織を修復するために、歯周外科治療などが試みられていますが、多くの場合、ごく一部の結合組織性新付着と長い上皮性再付着の形成による治療となっています。
 
 

エナメルマトリックス タンパク質
 

歯の発生期に重要な役割を果たすタンパクのひとつに、エナメルマトリクスたん白質があります。このたん白質はエナメル上皮が分泌するアメロジェニン・ファミリーのひとつで、歯根形成時にヘルトウィッヒ上皮からも分泌されており、エナメル質の形成だけでなく、セメント質の形成や機能性を有した付着組織の発達に関わることが示されています。このことからエナメルマトリックスたん白質は、 歯周組織再生環境の提供に役立つと考えられています。
 


EMDとは、エナメルマトリックスたん白質を含むたん白質分画であり、このEMDに着目してスウェーデンのビオラ社(BIORA AB)が開発した製品がエムドゲイン® ゲルです。
 
 

細胞レベルでの作用

 
エムドゲインゲルは不溶性たん白質のマトリックスを形成します。
このマトリックスは歯根表面に2~4週間とどまり、選択的な細胞の定着、増殖と分化を可能にします。
 
 

歯周病からあなたの歯を守ります。

  
エムドゲインゲルは、歯周病外科治療中に塗布されます。それにより、組織学的研究において証明されているとおり、歯周病により失われたセメント質、歯根膜および歯槽骨の予測可能な再生が促進されます。長期的な臨床研究によって示されているとおり、エムドゲインゲルを使用した治療の結果、歯周外科手術の結果が(オープンフラップ手術のみの場合と比較して)改善します。
 
 

歯周病治療の結果改善をささえるエムドゲインゲル

 
 
歯周病治療の目的は、歯を残すことです。非外科的な治療には、多くの場合、歯周病を治癒させる効果が十分ではありません。
そのような場合以下のような目的で外科的治療が必要となります。
 
・歯周ポケットから肉芽組織及び病原菌を効率的に取り除くため
・歯周病の再発や進行のリスクである骨縁下欠損を治療するため
 
 

エムドゲインを歯周外科手術で応用するメリット

 
 
・高い臨床的アタッチメントレベル(CAL)の確保、ポケット深さの減少、およ
 び長期的に改善された骨欠損の充填
 
・創傷治癒が促進され、合併症が少ないことによる、術後快適性の向上
 
 

 歯肉の後退を自然な状態に回復させる 生物学的ソリューション

 
 
根面被覆を希望する患者が増えています。
露出した根面の治療は、知覚過敏などの臨床的な問題と関連しており、
非う蝕性の歯頸部病変および根面う蝕のリスクが高まることから重要です。
 
歯肉の後退にに関連する根面被覆治療の目的は、長期的な根面被覆を達成する事にあります。この目的のために開発された様々な手術アプローチのなかでも、おおくの文献で取り扱われているのが、歯肉弁歯冠側移動術(Coronally Advanced Flap:CAF)です。エムドゲインゲルは歯周組織の再生環境を促進することにより、CAFまたはその他の根面被覆治療を成功させるために使用する事ができます。
 
 

エムドゲインゲルによる創傷治癒

 
 
あらゆる口腔外科手術の目標は、機能的な回復を達成する事にあります。しかし、残念ながら外科的介入には、口腔内軟組織の痛みや腫れから、創傷治癒における合併症にいたるまで、さまざまな合併症がつきものです。
エムドゲインゲルは治癒を促進し、術後の回復を早める事によって、患者の不快感を最小限のおさえます。そして、自然な治癒過を開始及び促進し、患者が期待する結果に結びつけます。
 
 もんでん歯科クリニック@学芸大学駅では、エムドゲインを用いた歯周組織再生治療に取り組んでいます。
 

FEATURES  OF  MONDEN DENTAL CLINIC

クリニックの特徴
 

お口の健康管理のご提案

すべての方にこれからの
お口の健康管理について
のご案内をしています。
 
 

マイクロスコープによる治療

ほとんどの治療をマイクロスコープ
(手術用顕微鏡)を用い、
拡大視野で行っています。
 
 

丁寧な診療とわかりやすい説明

お口の中は暗いため、
見えにくい所も多いです。
日頃からていねいな診療と
わかりやすく説明することを心がけています。
 

HOME | 診療案内 | 歯周組織再生治療